• Suifeel
  • Saturday ,  April 17,2020
水素酸素混合ガスを吸入すると、重病患者の呼吸困難を緩和できると発表

2020年4月16日(中国時間17:00)に、学者の鍾南山(ショウナンザン)氏は、広州呼吸器健康研究所のDean He JianxingやDean Li Shiyueなどの専門家とともに、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの臨床医とライブビデオブロードキャストを行い、無症候性のスクリーニング、感染の疑い、感染者の治療、重傷者のICUプログラムから回復後の検出までの「新型コロナウイルス肺炎」に関する中国の経験を体系的に共有しました。

会議で鍾南山氏は、連花清瘟カプセル、クーリッジ、ヒドロキシクロロキン、リハビリ患者の血漿などのさまざまな治療オプションの臨床管理グループ研究の結果を紹介し、さらに水素酸素アトマイザー(高濃度水素発生器)を紹介しました。

2019年の新型コロナウイルス肺炎(2019-nCoV)感染症患者の症状を改善するための多施設無作為化並行対照臨床試験。



写真:治療用機器


この会議で鍾南山氏は以下のように述べました。



「水素酸素アトマイザー(高濃度水素発生器)は重要な患者の呼吸困難を緩和するのを助けることができる。ワクチンの研究が成功する前は、その薬が死亡率を下げる唯一の方法ではなかったことがわかります。最後にもう一つの研究である水素・酸素混合ガスの吸入(治療)について紹介します。

私たちはこのガスの吸入(水素酸素混合ガス)を使用します。医療機器も非常にシンプルで、水を水素と酸素に分離します。水素は原子量が最小のガスであるため、特にこの重病患者にとって、患者の呼吸困難を軽減することができます。この研究のデータは今後数週間のうちに発表されると思います。」


以下、カンファレンスの詳細を(北京ニュースより引用※字幕)記載します。


学者の鍾南山(ショウナンザン)氏が水素酸素アトマイザー(高濃度水素発生器)の水素酸素混合ガス吸入は、新型コロナウイルス肺炎の重症患者の呼吸困難を緩和すると発表

2020年4月16日、学者の鍾南山氏は、広州呼吸器研究所のHe Jianxing氏と副学部長のLi Shiyue氏と一緒にライブビデオブロードキャストを行い、中国の無症候性スクリーニング、疑わしい症例の診断、確認された患者の治療、重度のICUプログラムを初めて共有しました。

「新型コロナウイルス肺炎対策」をテストし、経験をもとに、抗感染症医学の第一線の医師の焦点の質問にオンラインで回答しました。

鍾南山氏は、中国は現在、無症候性感染症の人々により多くの注意を払っていると述べました。データによると、無症候性感染症の潜伏期間は主に3〜7日であり、最高の潜伏期間は14日である可能性があると述べました。

潜伏期間中、多くの患者は症状がないか、症状が非常に軽度であり、患者はこれに気付きません。無症候性の感染者の約50%は発熱症状がありません。したがって、発熱は無症候性患者の中心的な症状ではなく、疲労や咳は無症状患者の主な症状になる可能性が高くなるとしました。



このカンファレンスで、鍾南山氏は以下のことなどを発表しました。

----------------------

連花清瘟カプセルは新型コロナウイルスを抑制でき、重症者より軽症者の患者により適している

連花清瘟カプセルが新型コロナウイルスに対して抑制効果を持っていると述べました。
臨床研究では284人の患者がいました。治療群の回復率は対照群よりも高かったが、重度から軽度への有意差はなかった。 したがって、連花清瘟カプセルは、軽度で重度ではない新型コロナウイルス肺炎の患者に適しています。

----------------------

水素酸素混合ガスを吸入すると、重病患者の呼吸困難を緩和できる

新型コロナウイルス肺炎の患者の治療について、水素と酸素の混合ガスを吸入することで、特に重症患者の呼吸困難を緩和できると述べました。
水素酸素混合ガス吸入の研究データについては、鍾南山氏チームが今後数週間で発表する予定です。

----------------------

新型コロナウイルス肺炎は患者の中枢神経系に大きな損傷を与えない

剖検の際、ウイルスに基づく他の臓器への損傷は見られなかったと述べました。
現在、患者は腎尿細管に損傷や壊死などのいくつかの問題を示していることが観察されています。
他の研究チームは、患者の25%~30%が非常に明らかな腎臓損傷があることを発見しました。 頭と腎臓の損傷に加えて、中枢神経系の損傷はそれほど明白ではありません。

----------------------

中国の流行状況は依然として制御下にあり、マスクを完全に放棄することはできない

中国の防疫対策を継続的に維持すべきかどうかについて、「中国の流行状況は今もなおコントロール段階であり、マスクを完全に捨てることはできないことを誰もが心に留めておかなければならない。中国と海外の状況は異なる」と述べました。

----------------------

上流予防戦略は中国で最も成功した抗感染経験の1つです

中国の反流行の経験について、鍾南山氏は中国の国防伝染病対策の最も成功した経験の一つは上流の予防戦略に関するものであると述べました。
鍾南山氏は、患者が新型コロナウイルス肺炎に感染したら、関連部門は患者の密接な接触に細心の注意を払うべきであり、 誰かが診断された後、その人は自宅で検疫される必要があり、その親しい人も検疫されます。これは感染症の数をさらに減らすことができる中国で最も成功した経験の1つだと思います。一方で、社会的距離を制御し、マスクを着用することも、中国での予防と制御においてより成功した経験です。中国の現在の流行予防はいくつかの結果を達成し、新たに感染した患者は少ないが、ほとんどの人はこれらのルールに継続的に従っていると述べました。

----------------------

アメリカが感染ピークに入るにはさらに1週間かかります

アメリカの感染状況に対応して、世界的な感染者数は鈍化または減少する傾向にあるが、米国は例外であると述べました。アメリカが採用している対策は十分ではなく、アメリカがどのような行動をとるかによっては、感染ピーク入る前に、感染状況の変化が見られるまでに1週間かかる場合があると飲ました。

----------------------

ヨーロッパの感染者数はまもなくピークに入りますが、作業を再開するための緊急対応はありません

イタリア、スペイン、イギリスなどのヨーロッパ諸国の発生が、できるだけ感染ピークになるよう強く望んでいると語りました。
ピーク期間、感染状況は制限または衰退の傾向を示し、より多くの人々が仕事と生産を再開できるようになりますが、現時点で予防と管理が非常に重要です。

中国で輸入が再開されたケースは注目に値します。中国とロシアの国境や他の場所で輸入されたケースがあり、それらは他の人々に感染が広がり続けます。これは大きな問題です。
鍾南山氏は、「人名が常に一番であり、経済より健康を確保するために最善を尽くすべきだ」と述べました。

----------------------

この会議は、北京ニュース、南方日報、シナニュースおよび他のメディアが共同で、水素酸素療法の段階的な結果を報告しました。

Other News

Contact

お問い合わせ、ご意見・ご要望は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • Name

    E-Mail

    Tel

  • Theme

    Title

    Message

    0/500

お電話でのお問い合わせ

0422-42-2330

(受付時間 平日10:00~18:00)