• Suifeel
  • Friday ,  April 30,2020
ヘリウムより、水素酸素アトマイザー(高濃度水素発生器)がより良い選択?

最近、モスクワ保健省の報道機関は、ロシアの科学者が新型コロナウイルス肺炎を治療するために加熱されたヘリウム酸素ガスを使用する方法を開発していると述べ、救急医学のスクリフォソフスキー研究所は現在テストを行っています。
この新しい治療法は、すでに米国、フランス、および世界の他の地域で大きな注目を集めています。


※創設者ニコライ・スクリフォソフスキーによる紹介

ロシアは、この治療法が採用されたばかりで、実験を行っている段階であり、新型コロナウイルス肺炎の患者の治療には多くの経験がないと述べました。


https://www.vesti.ru/doc.html?id=3259737
※上記より引用

Heliox-Extremeデバイスの発明者は次のように述べています。

1.ヘリウムには酸素運搬機能があります。
通常時、肺の3分の1が呼吸をし、残り約70%は関与しておらず、ほとんど空気が入らないデッドゾーンがあります。
「なぜか?空気は重い」そして肺が良くなく、呼吸をするのは困難です。肺が病気になると検出される。したがって、空気混合物では窒素ではなくヘリウムを使用することにしました。これは、窒素よりも7倍軽いため、酸素を必要な場所にすばやく効率的に運ぶことができます。


※ロシア語ページスクリーンショット

2.ヘリウムは薬を運ぶ働きもします。
Panin氏によると、Heliox-Extremeデバイスは、高温のヘリウムと酸素の混合物を提供するだけでなく、治療に役立つ薬を提供することもできると。これはヘリウムが薬を肺を含むすべての組織に送達することを意味します。臓器の表面部分だけでなく、臓器の深くまでも送達されます。


※ロシア語ページスクリーンショット

実際、ドイツは20年前にICU病棟にヘリウムと酸素の混合ガスを適用し、生後3か月の未熟児を救うことに成功しました。ドイツがどのようにそれを適用しているかを見てみましょう。

赤ちゃんには、早産と気管支肺異形成の病歴があり、入院の4日前に鼻づまり、呼吸困難および喉の痛みの症状を発症し、状態は24時間以内に悪化しました。

医師は培養のために口と鼻腔から材料を収集し、呼吸器合胞体ウイルスの検査で陽性を示しました。

医師はラセミのエピネフリンで噴霧を始めましたが、赤ちゃんは反応しませんでした。
彼は呼吸を続け、肋間板を沈め、鼻を広げた。

臨床検査では、アシドーシス、高炭酸ガス血症、および飽和度の低い動脈圧が示された(pH = 7.29、PaCO2 = 65mmHg、PaO2 = 70mmHg、SpO2 = 65〜70%)、したがって、FiO2 0.7で人工呼吸器を使用しました。

赤ちゃんの高炭酸ガス血症はわずかに改善しましたが、低飽和度(80%)は変化しませんでした。
He:O2 = 60%:40%ヘリウムと酸素の混合ガスをベンチレーターに通して供給し、pH(7.38)の向上、PCO2(40mmHg)の低下を達成し、血中酸素飽和度SpO2は1時間以内に92%に上昇しました。

赤ちゃんは7日間挿管を続けました。抜管後、彼は従来の吸入マスクを装着し、He:O2 = 80%:20%ヘリウム-酸素混合物を72時間吸入しました。その後、ヘリウムと酸素の混合ガスの使用を停止してから24時間後に無事に退院しました。

ヘリウム-酸素混合物は、ICU病棟の人工呼吸器の有効性を向上させることができます。
また、最初に人工呼吸器に依存していた患者が早期に「離脱」し、一般病棟に移動するのを助けることができます。

「人工呼吸器を備えた水素-酸素発生器のアプリケーション」水素酸素アトマイザーは、さまざまなシナリオで使用されます。


※人工呼吸器を備えた水素酸素発生器の応用

メモ:2000年から2019年まで、ヨーロッパの呼吸器共同体はヘリウムと酸素の医学研究に専念してきました。

2019年、気道閉塞をシミュレートする人間の研究で、研究者はヘリウム混合物の異なる比率(それぞれ25%、50%、75%)を使用して患者を対象に臨床試験を実施しました。 結果は、ヘリウム濃度が75%までの場合にのみ効果が得られることを示しています。呼吸困難が大幅に減少します。



※関連する研究報告のスクリーンショット

呼吸器疾患の中国広州研究所は、水素-酸素混合ガス(66.66%水素と33.33%酸素)の吸入も気管狭窄患者の気道抵抗を減らすことができることを示しています。

この研究論文は、2017年12月11日付けのInternational Journal of Respiratoryに受理されました。



実際、新型コロナウイルス肺炎の治療における中国の水素-酸素混合ガスの適用はロシアのヘリウムより進んでいます。

新型コロナウイルス肺炎発生当初、中国は水素-酸素混合ガスをリストしました(66.66%の水素と33.33%の酸素)
公式の診断と治療計画に、そして患者が使用するために武漢などの病院に3,000台以上設置し、患者は使用後、息切れ、胸の圧迫感、胸の痛み、呼吸数、心拍数、血中酸素飽和度 吸入前に大幅な改善がありました。

根拠に基づいた医学研究が患者の治療の過程で行われており、大量の新型コロナウイルス肺炎患者データが蓄積されています。
関連する研究論文は来月発表される予定です。

※本記事はSuifeelメーカー公式より引用し翻訳しています。

Other News

Contact

お問い合わせ、ご意見・ご要望は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • Name

    E-Mail

    Tel

  • Theme

    Title

    Message

    0/500

お電話でのお問い合わせ

0422-42-2330

(受付時間 平日10:00~18:00)