• Suifeel
  • Thursday ,  April 8,2020
中国CCTVニュースに、新型コロナウイルス対策における当高濃度水素発生器の流行図が繰り返し登場しています。

2019年に新型コロナウイルス肺炎が発生した後、中国国務院の合同防衛及び合同制御メカニズムグループの重要な材料保証企業として、Suifeelメーカーは中国の革新的なクラスⅢの医療用呼吸装置-水素酸素アトマイザー(当高濃度水素発生器)を緊急に製造し、それらを湖北省に納入しました。その後、広東省・河南省・黒竜江省・江西省およびその他被災地にも次々と納入されています。
現在、中国では3,000人以上の患者が当高濃度水素発生器を使用しており、軽度、正常、重度、重症など、新型コロナウイルスのすべてのタイプの患者をカバーしています。使用後はいずれの症状も改善されました。







当高濃度水素発生器を使用している患者の画像は、ニュースレポートに何度も登場しました。


3月3日、学者である鍾南山(ショウナンザン)氏は、ヨーロッパ呼吸器学会による新型コロナウイルスのトピックに関する一連のオンラインセミナーに参加するよう招待されました。


鍾南山氏は会議で、当高濃度水素発生器によって生成される水素と酸素の使用を強調しました。
水素と酸素の混合ガスは、気流の抵抗を減らすだけでなく、フリーラジカルを排除するのにも役立ちます。
武漢と広州の臨床観察データでは、患者が混合ガスを吸入した後、2、3、4日目に症状が大幅に改善しました。

Other News

Contact

お問い合わせ、ご意見・ご要望は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • Name

    E-Mail

    Tel

  • Theme

    Title

    Message

    0/500

お電話でのお問い合わせ

0422-42-2330

(受付時間 平日10:00~18:00)