• Suifeel
  • Monday ,  November 15,2020
アスクレピオスメディテック社と中国多地域の癌リハビリステーションが協力

2020年11月13日の夜、広東省ライトオブライフがんリハビリテーション協会が主催する2020年全国がん会議リハビリテーションパーティーのウェルカムパーティーが広州のサンシャインホテルで開催されました。



中国抗がん協会リハビリテーション協会会長のShiAnli

ShiAnli代表も癌患者でした。 1985年から2017年まで、彼女は30年以上にわたって抗がんの道を歩みました。
当初、彼女は見知らぬ人に自分の状態を明らかにすることに消極的でしたが、後にリハビリテーション組織に参加して励ましと支援を受けました。

彼女は考えを変え、癌リハビリテーションのキャリアを発展させ、拡大することを決心しました。 会議で彼女は、病院での癌患者の治療は短期的であり、退院後の回復プロセスは長期的であると述べた。

リハビリテーション期間中、体系的かつ科学的なリハビリテーション指導がなければ、個人の力だけでリハビリテーションを成功させることは困難です。


がん対策のための水素酸素ガス吸入器の概念に触れ、これを使用するライトオブライフがんリハビリテーション協会の多くの患者が発言しているのを見て、彼女は非常に感動し、中国の抗がん協会に新しいものを提供しました 。(がんの予防と治療のためのアイデア)

広東ライトオブライフがんリハビリテーション協会の会長Xu Kecheng

徐社長は「水素制御がん」という本を執筆・出版し、「水素」を独学で試し、自宅で水素を吸収したほぼすべてのがん患者をフォローし、基礎・実験研究を数多く行った。
徐教授が編集し、鍾南山学者が前書きを付けた「COVID-19の水素と酸素吸入療法」の英語の紙版がWorld Science Publishing Co.、Ltdから出版されました。本には次のように記載されています。

6リットルの水素と酸素混合ガスを数時間使用した後、呼吸がスムーズになり、咳が減り、息切れが改善され、入院期間が短くなりました。

「COVID-19の水素と酸素の吸入」の英語版がWorldPressから正式に発行されました。
パーティーでは、徐・ケチェン教授が新しい本を持って、ガンと新しい王冠を制御するための水素酸素ガスの臨床研究を皆に説明し、現実の世界での実際の事例を語った。



北京大学がん病院LuYouyong教授

Lu教授は、北京大学がん病院の教授であり、がん研究所の主任研究員です。
彼は長い間、腫瘍関連遺伝子の同定、クローニング、機能研究に携わってきました。
彼はNational973 Cancer Projectに参加しており、腫瘍業界の著名人です。
ルー教授自身も忠実な「水素と酸素の粉末」です。
彼は倦怠感を和らげ、健康を維持するために、人生で水素と酸素ガスを吸い込むことがよくあります。
この会議では、食事、仕事、休息の面でのがんの予防と管理に関する注意事項を紹介し、水素と酸素の医療の開発の見通しと適用可能な分野について詳しく紹介しました。



アスクレピオスメディテック社代表取締役、リン・シンヨン

腫瘍のリハビリテーションは、社会的勢力のケアとサポートと切り離せません。
アスクレピオスメディテック社は、腫瘍治療に適用される「水素-酸素混合」ガスの臨床研究を世界で初めて実施しました。 アスクレピオスメディテック社が発明した高濃度水素発生器(別名:Suifeel)は、世界初の「クラスⅢ医療用呼吸器」の販売許可を取得した唯一の装置です。

リン・シンヨンは会議で、彼がどのようにして酸水素ガスと関係を持つようになったのか、彼自身から利益を得る方法、そしてこの魔法のガスをより多くの病気の患者に勧める方法を紹介しました。

9年間の研究開発プロセスと、学者の鍾南山の指導の下で一連の臨床研究がどのように実施されたか。
科学研究、学術、臨床およびその他の側面における同社の利点が説明されました。







現在の医療システムでは、がん撲滅療法はほとんど使い果たされていますが、それでも制御は困難です。

しかし、患者が水素を吸入してから数ヶ月後、腫瘍はまだそこにありましたが、患者は別の人のように通常の生活を再開しました。 癌との共存は、水素と酸素の医学によって提供される新しいアイデアかもしれません。

全国の腫瘍協会の代表者は、水素酸素アトマイザーが協会のメンバーの臨床研究に使用され、癌患者が回復し、できるだけ早く社会に戻るのを助けることへの希望を表明しました。

アスクレピオスメディテック社は、サービスモデルの継続的な最適化に注意を払い、サービスの深さと幅を継続的に拡大し、人々により良い医療サービスを提供します。

Other News

Contact

お問い合わせ、ご意見・ご要望は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • Name

    E-Mail

    Tel

  • Theme

    Title

    Message

    0/500

お電話でのお問い合わせ

0422-42-2330

(受付時間 平日10:00~18:00)